自分でジェルネイルをオフする方法

ジェルネイルは、ジェルをUVライトなどに当てて固めたものなので、
通常のマニキュアのように除光液では落とす事ができません。

 

これだけ聞くとやはりオフする際はネイルサロンへ行かなければならないのか?と思いますよね。
しかしオフするだけと言う目的のみでサロンへ行くのも面倒と言う方も沢山いるでしょう。

 

そんな方は必見!
これから紹介するのは、自宅でも簡単にジェルネイルをオフする方法です。
道具さえ揃えてしまえば、
ネイルをよくする方ならお得にいつでも簡単にオフする事ができますよ!

 

ではまずオフするのに必要な道具から紹介します。

 

オフするのに必要な物は、アセトンと言うジェルネイル溶かす有機加工物です。
これはドラッグストアなどで取り扱っています。
後は、アルミホイル・ビニール手袋・手が浸かるくらいの大きさのボウル・コットン・ヤスリ(ネイル用のファイルで菱形のウォッシャブルが使いやすいです)
アセトン以外は100円均一で手に入るものばかりですし、低コストなのも嬉しいですね♪

 

それでは次に手順についてですが、
まず爪全体にしっかりめにネイル用ファイルで傷をつけていきます。
次に、コットンを爪が覆える位の大きさにしてからアセトンをたっぷりと浸し、
爪を覆ったらアルミホイルをしっかりと巻きつけていきます。
(この時爪先を重点的に巻きましょう)
そしてボウルに温かいと感じられる位の温度のお湯を用意し、
ビニール手袋をしてから手を浸けます。
その後10分間隔位で様子を見ていきます。
ネイルの状態をしっかり見てからファイルを使ってネイルを除去しましょう。
自爪を傷つけてしまうこともありますからね!

 

どうですか?意外と簡単にできますよね。
安くて簡単に自宅でできるのでぜひ試してみてくださいね!